SR-16 初速&HOPなし弾ポロ検証

こんばんはキセやんです。

先日導入した300QDCタイプ フラッシュハイダー。
KACの正式名称は762QDCなんですね。
どうりで実物調べようと思ってもIRONのしか引っかからないと思った。
基本7.62㎜/.300用だということを知りました。300は初期のころの名称? .300も対象になってるから?

そしてデカい・・・
でも公式画像のSR-16でも装着してるのあったしイイよねw
ただ、サイズが556QDCよりデカいんでCQBサプレッサー欲しいけど付かないんですよね。7.62用のサプレッサー出てるという情報あればぜひ教えてください。


さて本題。
先日ひとまず完成したSR-16ですが、念のため追加で弾速と弾ポロ検証してみました。
というのも、今週末ゲームに初めて参加するので、万が一がないように。

バッテリーも満充電で準備して。300発打ってみました。

室内(自宅弾速測定レンジ) 14.9℃
BB弾: CYC 0.20g BIO
XCORTECH X3200 MK3
バッテリー:Eagle Force Li-Po 1450mAh 7.4V (満充電)
セミオート射撃
バッテリーは計測前に1C充電して10分ほど寝かした状態でスタート


うん、安定して同じ性能はでているみたい。
んで、これだけ打つと200発くらいまで徐々に初速が落ちていって少し落ち着くのが見て取れます。

これ、改めて考えてみると原因は電圧。
Li-poの特性も満充電状態からすっと電圧がすこし落ちてから安定する傾向にあるのでこれと連動します。

とはいっても「電圧自体が直接の原因ではない」ようです。
ここから退屈な小難しい話かつ俺の勝手な推測なので読み飛ばしてもらっていいです。

初速は様々な要因で成立してますが、電圧による影響は基本的にないはずで、メインの部分はバネの圧縮と解放の力になります。ギアでピストンを引いて、ギアが抜けたところでバネの力で飛ばすのでフルオートのサイクルが落ちることはあってもセミオートの単発の威力は落ちないと思われます。

ではなぜ電圧の変動とともに初速が変化するかというと。

俺のSR-16はKIT BOYさんのFET スリムstep3を使ってます。このFETで2点バーストにならないぎりぎりでセットして、セミオート時は1発撃つごとにピストンが最も後退した状態で止まるようにしてます。
この時BB弾がノズルがでチャンバーに送り込まれ、パッキンの中に入ったところで待機している状態になっています。なのでトリガーを引くとピストンを開放して空気を送り込むだけで済むので鋭いレスポンスを得ることができるわけです。
【調整して下死点合わせた状態】


この待機状態って、ノズルによってパッキンは塞がれた状態で、かつ弾も射出状態で静止した状態が作られますのでパッキンとノズルの接触面も馴染んだおそらく最高の気密状態になっているはずです。
これが高い初速を安定して出せる秘訣になっていると考えてます。

ただ、このFET。どうやら電圧が下がると発砲後のピストン後退位置が徐々に前にズレていくようです。撃っていく間にわずかですがレスポンスが落ちていきます。

【満充電8.4Vで下死点合わせして7.6Vまで下降した状態。】


この状態になると、弾はチャンバーに送り込まれた状態になる(ノズルはパッキンにちょい刺さり状態)んですが、発砲前にピストンを少し引いて、ノズルを少し押し出しながらの発射になるので初速に影響を与えると推測。

ちなみに通常状態だと、ノズルの前進とピストンの後退から始まり一連の流れで弾を発射する形になるので常に動いた安定しない状態での発砲となるはずです。この後退分、体感できるレベルでレスポンスが落ちます。

【通常状態】


ちなみに、初速は90m/s前半くらいまで落ちました。
そして、電圧が7.6Vの状態でも、FETのボリュームを再調整してピストン後退位置を下死点に合わせると初速が上がります。(←電圧が直接の原因じゃないというのはこれ)

結果、このSR-16のゲーム中の実用初速域は90~93m/sぐらいということになりそうです。
というのも、7.6Vで下死点に合わせてしまうと、満充電の電池を突っ込んだ時に2バーストになってしまうのでセミオート制限のゲームが結構多いようなので使い物にならなくなってしまいます。
かといって、このボリューム調整が結構シビアでゲーム中に調整は無理です。作動させてみないとわからないのもあってゲームとゲームの間にセーフティエリアでの調整も無理ですね。

というわけで、偶然、結果的にですけど狙っていた初速になった感じです。
 ・この計測状態が気密や部品がベストの状態で計測できていること
 ・実測ベースで初速バラつきの少ない状態でカスタムできていること
 ・今後はスプリングのヘタリや気密の低下など落ちる要素しかないこと
などなど鑑みても、この数値で落ち着くと考えてます。
実際もうちょっと落ちてもいいかなくらいに思ってますw

もちろん注意しなければいけないことはあって、BB弾のメーカーやバラつき。今より弾が大きいものが混じると上がる可能性がありますね。
違うメーカーや新しい袋を開けたときは事前チェックしたほうがいいかもしれません。まぁゲーム前にはコンディションチェックで毎回測るとは思いますが。


もうちっと続くんじゃ。

そしてHOPなしで弾ポロ検証。
検証というか、実はこの初速測定してる時に気づきました。

このFETを使うことで、1発撃った後に弾がチャンバーに送り込まれた状態で待機状態になると書きましたが、うちのSR-16のチャンバー、HOP最小にすると突起が全くなくなります。(こういうものなの?)


むしろHOP窓のところが凹になるくらい。
そんでもってφ6.13のルーズバレルです。パッキンから先はスッカスカです。ここに弾が送り込まれて止まるということは・・・インナーバレルの中転がり放題ですよねw

HOPなしにすると弾が固定されず動き回って変なことになるということが分かりました。これってやっぱりちょっとだけホップ掛けないと解決しないよな・・・と

ホップアームの初期位置って調整できましたっけ? 押しゴムの取り付け部に少し嵩増しすればいけるかな?

ということで、一応理屈的に納得できる答えが出た気がするのでスッキリしました。  


2017年02月24日 Posted by キセやん  at 01:24Comments(1)SR-16 URX(G&P)

SR-16 完成!(ほぼ)

こんばんはキセやんです。

先日スプリングでの初速調整ブン投げたわけですが・・・・・・
ようやく完成です。

【G&P Knight's Armament SR-16 SBR Carbine Ver.Xe】


ぱっと見の見た目は代り映えしませんがね・・・w

止まらぬ散財・・・


結局。インナーバレル短くしました・・・
ORGA Magnus HD 363㎜ → 303㎜


これで狙っていたレベルに初速調整できました。
(高めセットなのでしばらくは要注意かもですが)
測定は下のほうにまとめておきます。

あれから・・・ぼやいたアウターバレルを変更。
MadbullのDaniel Defence STEEL14.5in. Goverment Carbine


鉄です、鉄! なんかキラキラしてます。重いです。ずっしり来ます。 

でも、ロマンです。

たぶん電動ガンではあまり意味ないというか重くてデメリットだけのような・・・メリットあるんですかね?
ただ、これで逆ネジアダプターを廃して14.5インチに戻せました。そのままIRON AIRSOFTの300QDCサプレッサーが取り付けられます。

このMadbullのアウターバレル。レシーバーの入る部分もすんなりぴったり入るし、インナーバレルとのクリアランスもきつく無いけどガタも少ないので物の出来自体は悪くないと思います。
しかし妙にグラつくんです・・・最初はバレルナットとの相性でスペーサー入れないといけないかと思ったんですが、これ、実は2Pcs構造で、アッパーレシーバーに刺さる基部とバレル本体が分割してます。バレル本体を基部に差し込んでイモネジで止めるんですが・・・イモネジギチギチに締めてもグラつきます。
どうしようか悩んだ挙句、結局基部とバレル本体の嵌めあい部分に強力接着剤塗り込んで対応しました。多分これで大丈夫・・・

あとはさすがに予算オーバーなのでブースター用の台座だけ。
(SR-16E3 Mod2 RB1バージョンの真似)


ブースター本体は今後に見送りです。あと本当はライザーマウントをハイタイプに変えてもう少しダットサイトの位置上げたい。

 初速測定の結果です。室内:自宅弾速測定レンジ10.3℃
 BB弾:CYC 0.20g BIO 6mm弾 
 HOP:ちょいがけ
 バッテリー:Eagle Force Li-Po 1450mAh 7.4V

 Max.:95.08m/s Min:93.61m/s 
 Ave.:94.256(25rd平均)
 Max-Min差:1.47m/s

 【変更点】
 インナーバレル:ORGA Magnus HD φ6.13 363㎜→303㎜
 スプリング: ACE1 ARMS M100メインスプリング

ちなみに、HOP MAXにしても初速上がらなくなりました。変わらず93~95の間くらい。これって結果的にプチ流速になった?弾道は長めのレンジに行ってみないとわかりませんけど・・・ 
HOPちょい掛けなのはワケありでして。HOPなしにすると初速が出ない・球ポロする症状が頻発するように。組み換えの時にパッキンやっつけた? でもホップをちょっとかけると安定するし・・・

ボアアップ&ショートインナーバレルで容積比が大きく変わった関係なんでしょうか?

念のためパッキンを変えてみることも考えますが・・・HOPなしで使うことがなければOKかな・・・?  


2017年02月22日 Posted by キセやん  at 01:50Comments(0)SR-16 URX(G&P)

フラッシュハイダー

こんばんは、キセやんです。

フラッシュハイダーを変えてみました。
形の好きだったKACの300QDCタイプ。IRON AIRSOFTのやつです。



IRON AIRSOFTの製品って出来いいよね。


556QDCを最初買おうとしたら在庫なくて注文キャンセルされてしまったのです・・・
Madbullのやつはサイレンサーのストッパーピンがないうえに取り付けが180°違う設計なのが気になったので、在庫のあった300になりました。むしろ300が好きだったので良かったけど、こっちが在庫残ってるとは・・・

ただ、G&Pのアウターバレルは14㎜正ネジ。
KM企画の14㎜正→逆変換アダプターを付けて取り付けてます。
できるだけ短いのを選んだつもりだけど・・・ハンドガードからの露出量がちょっと気になるので逆ネジ仕様のアウターバレルを入手しようと計画中。


で、スプリング沼ですが。
ACE1ARMSのM90スプリングが届きました。



期待を込めて交換してみたけど・・・

83弱しか出ねーよ・・・orz


そろそろスプリングばかり買うのも不毛な気がしてきたのでACE1ARMSのM100ベースに微調整する方向でやることにしました。ってかM100からM90で下がりすぎだろ・・・・・・

インナーバレルも短くしようかなぁ・・・インナーバレルの先にアウターバレルがあるとエアガイド代わりになって精度UPするっていう話も聞くし・・・


  


2017年02月19日 Posted by キセやん  at 01:36Comments(0)SR-16 URX(G&P)

メインスプリング別初速確認

沼にはまったキセやんです。

SR-16測定スペシャルw



ばらして組んでばらして組んで。この状態からならおよそ15分で次のスプリング測定できるようになりました・・・キセやんは無駄なスキルを取得した。

んで、以前は買ったACE1ARMSのM100ですが。満充電で測定したら安定して規制オーバーしたのでばらし。
念のために買っておいたこいつを試してみます。

Airsoft97 SPARK 電動ガン用不等ピッチスプリング M95


・・・・・・(;´・ω・)
なんかやわっこくね?

と思ったら。

22rd Ave.79.622m/sしかでないでやんの。
なんかACE1ARMSのスプリングが異様に硬い気がするけど。

ちなみにG&P純正。
25rd Ave.69.636m/s

たぶん初期不良品かな・・・・・

今持ってるスプリングのデータがある程度出たので記録を取っておくことにします。バレルショート化とか、するかわからないけど今後の変更の時の参考ですかね。

※ご指摘を受けましたので、一部記載していた内容を変更・削除しました。ご容赦ください。

まぁ結論として。
・・・・・・参考レートとは?
参考にならないことがよくわかりました(;´・ω・)

次はACE1ARMS M90を試す予定です・・・
  


2017年02月17日 Posted by キセやん  at 02:00Comments(2)SR-16 URX(G&P)

スプリング沼

こんばんは。

初速ちょい上乗せ計画でスプリングが新たに届いたのでちょっと組んでみました。


・ACE1ARMS M110スプリング
・ACE1ARMS M100スプリング

Tポイントがたまってたので送料まで含めてタダですw(タダじゃない)

だいぶ手馴れてきた。


今日の組み替え含めて何回開け閉めしてるんだろう。
メカボのネジは問題ないけど、ロアフレームのメカボを固定してるテイクダウンピンとトリガーピンが緩くなってきた気がする・・・(;´・ω・)

まずは、M110スプリングを組みます。


・・・アカーン!

まぁ計測画面の画像は載せませんが超えました・・・
規制オーバーダメ絶対!
一応記録として25発平均は出してますが・・・M100やほかのスプリングとの相対での変化率として記録して別のチューニングをすることがあれば活用したいと思います。

なのですぐさままた開けてM100スプリングに交換。


ちょっと高いかな? セミオートで100rdくらい撃ってたら馴染んだのかカツカツ気味の数値も出たのでちょっとリスキーかもしれません。
なので、意図的にピストン後退位置でストップ。


24時間くらい寝かせて少しヘタらせてみたいと思います。この状態で放置するとスプリングヘタるのでダメダメとよく言われてるのでそれを逆手に取ってみます。

多ラウンド撃ってもMAXで95くらいに抑えたいところですね。
恒例の25発平均は明日以降に記録してみたいと思います。

ヘタリすぎが少し怖い・・・  


2017年02月15日 Posted by キセやん  at 01:11Comments(0)

組みなおし

午前中から部品を買いに走って組みなおし。


在庫のあったもので一揃い。
 ・ORGA CORE高精度ギア 18:1
 ・Big OUT セクターチップ
 ・ZC Leopard Oilyブッシング(メタル軸受) 8㎜用
 ・ZC Leopard シムセット
 ・KM企画 0.98J カスタム微調整用3点可変圧スプリング

スプリングはなんか強いからカットして調整してねってニュアンスのことがあったから買ってみました。

洗浄からグリスアップからこなしてシム調整も初心者なりに念入りにやって組み上げ。


一応復活。
KMのバネでも初速88~90m/sで変わらなかったよ・・・・  


2017年02月12日 Posted by キセやん  at 21:58Comments(0)SR-16 URX(G&P)

ギャー! やらかしたー!

素人がいきなりいじるわけだから覚悟はしてたけど。


早速やらかしましたよ・・・

セクター軸折れ。


セクター左側ベアリング破損。


先のブログで書いたようにスペーサーでもう一声初速を盛ろうとしたら。
推測ですが。
①スプリングのストロークが足りなくて
②ピストンが後退しきれず
③セクターがロックして
④セクターの軸が折れつつベアリングがアントニオ・ホドリゴ・モゲイラした
と思われます。

ストロークチェックしなかった俺のミスですね。欲を出した結果がこれだよ・・・また全バラ組み直しです;; 部品調達しなきゃ・・・・・・

となると。スペーサーあきらめてスプリング沼でしょうか。
それかセクターカットしてコイルが縮み切る前に開放するか・・・・・・
それだとレートは上がってるからピストンスピードは上がってるだろうし効果はあると予想。でもストロークは減ってしまうので、それだとせっかくボアアップした意味は?
当然、排気量=ボア×ストロークなのでせっかくボアを広げてもストロークが減ったら意味がない気が。

ギアとスプリング買うことにしよう・・・・・・
グリスアップも全部きっちりやったりORGAのピストンヘッドをピストンに固定するカラーがでかくてORGAのスペーサー入らなかったwからカラーの外周わざわざ削ったのになぁ・・・・・・
  


2017年02月12日 Posted by キセやん  at 01:34Comments(0)SR-16 URX(G&P)

G&P SR-16俺チューン 初速補足

My SR-16。


昨晩投稿した初速測定結果の補足だけ。

よく考えたらHOPの位置が適当なところでしっかり検証できてなかったので。あとサイクルも図ってみました。

2017.2.11
室内(自宅弾速測定レンジ) 15.6℃
BB弾:SIIS HYDRA BOOST 0.2g 弾 
弾速計:XCORTECH X3200 MK3
バッテリー:Eagle Force Li-Po 1450mAh 7.4V (満充電)

【HOP Min.】
 Max.:90.35m/s Min:89.12m/s 
 Ave.:89.589(25rd平均)
 Max-Min差:1.23m/s
 

【HOP Max.】
 Max.:84.1m/s Min:82.82m/s 
 Ave.:83.271(25rd平均)
 Max-Min差:1.28m/s
 


(クリックで拡大)

昨日書いた測定よりほんのちょっと上がりました。
相変わらず安定感は抜群でニヨニヨしちゃいます。
やっぱり気持ちもうちょい・・・? ただ。

【サイクル測定】
HOP解除して測定。(HOP Max.でもかわらんかった)

サイクル:17.5~17.8RPS


フルオートで初速が上がります・・・何回かやってもほとんど一緒。
サイクルはハイサイクル狙ってないのでG&P M120に純正ギアでこれならいいところでしょう。
ちょっと上げるにしても、どの条件でも95m/sくらい収まるように抑えておかないとリスキーかな・・・  


2017年02月11日 Posted by キセやん  at 14:43Comments(0)SR-16 URX(G&P)

SR-16 俺チューン完成?

というわけでバレルが届いたので組み上げました。
今日もだらだらと長文書いてきますw

G&P SR-16URX純正:380㎜ (6.08mm?)
ORGA Magnus HDバレル:363㎜ (6.13mm)


自作のバレルクリーニングロッドで内部を軽く拭き掃除しておきます。


Magnusのほうはコーティングもされてるので大丈夫だと思うけど念のため・・・
たださすがに国産で高精度チューニング部品として売られてるので見た目は美しい。素人ですし実際の精度を調べるなんて野暮な真似はやめておきましょう。

そもそも測定する術がないですしね。一応転がしたらきれいに転がったので曲がってないと思いますw

銃口側の処理。


だいぶ違いますね。Magnus HDのほうがテーパーがかなり深い。
全長は363㎜で純正比-17㎜でも球の通り道としての長さは‐25㎜くらいかも。(はかってない)
どっちがいいんだろう?

バラバラにしたメタルチャンバーを復元してバレルを組み上げていきます。
電気なまずで面ホップにしますが、パッキンは純正をそのまま使います。
Magnusバレルには謳い文句通りパッキンの位置合わせ溝が90度の位置にも彫ってあるのでホップ突起もガイドも切り取る必要はないのが便利です。

摩耗して交換するときはスリックパッキンでもいいかもしれませんが。
でもマルイ純正を買うのが無難なのかも?

パッキンつけてバレルを押し込み。電気なまずをホップ窓に置いてみます。


寸法ピタピタ。チャンバー海外製部品だけどよくできてるっぽい。
(油断大敵・・・・・・このあと重大な事実が発覚することに)

復元はただ順番通り元に戻すだけ。軸の固定用クリップリングが小さいのでばらしたときはなくさないようにしないと泣きを見ますねこれ。


ホップなし


ホップMAX


ガタツキ防止リングも忘れず入れて・・・


アウターバレルとの隙間が結構あるので、思いついた方法でガタツキ防止もしてみる。


根本側と先端側で2点支持。マスキングテープを使ってます。暫定策? これでいいのかは知りませんw
一応アウターバレルに入れて抜いても引っかかって捲れたり破れたりはしてないです。ちなみに3枚重ねでスルッと入ってガタはほとんどなくなりますです。

んで組み込んで。完成。


早速試射して初速を測ってみます。




・・・・・・・・・・・・・・・・はい?

そんなはずはあり得ない。素人にも何かがおかしいとわかる。
一瞬ルーズバレル&ボアアップでそんなに下がってバネを上げなきゃいけないのか・・・・気密確認はしたのにまだシリンダー回りの機密が出てないのかと一瞬は考えてしまいましたが。

とりあえずまたバラすかとマガジン外してあまり弾出したらなんか違和感。
あれ?
チャンバーの給弾口にでんでんむしがいない。
(写真撮り忘れましたが・・・)

一度チャンバー外してでんでんむしをあてがってみると・・・G&Pのチャンバーのノズル口がキツすぎてでんでんむしの先端がチャンバーに入っていきません。これでは給弾されたBB弾をパッキンに押し付ける力が働きませんので後ろに引っ込んだままのノズルから噴き出すエアーだけで球を押してるだけです。

気密云々どころかそれ以前の問題で話にならねぇ・・・(;´・Д・)


なので本当にやっちゃっていいのかと悩みましたが。
チャンバーのノズル口リューターで削りました・・・でんでんむしがスムーズに入る・かつガタガタにならない程度に。


注意して作業はしましたが仕上げは適当です。
これで悪影響がでるようならいっそ社外チャンバー買ったるわーって勢いだけです。初心者ですし当たって砕けろの精神で・・・

また組みなおして計測。最初65m/sとか出てしょんぼりするもしばらく撃っているあいだに馴染んできたのか初速はぐんぐん上昇。安定したところで計測に入りました。


無事復活! 
箱出し(相当):65m/s程度 ⇒ 俺チューン:88m/s程度 (23m/sアップ!)

というわけで、ひとまず組み上がったSR-16のチューン内容と計測結果をまとめておきます。

【G&P SR-16 Mod0 SBR Carbine SemiCQB (俺チューン)】
 ・ORGA Magnus ボアアップシリンダー
 ・ORGA Magnus ピストンヘッド (ボアアップシリンダー用)
 ・ACE1ARMS ポリカボ強化ピストン フルメタル14T
 ・ACE1ARMS A7075 サイレントシリンダーヘッド Ver.2用 TypeA
 ・FIREFLY でんでんむし
 ・ORGA Axis強化スプリング
 ・FIREFLY 電気なまず 中辛
 ・ORGA Magnus HD バレル 363㎜
 ・KIT BOY 3step FET
 ・Eagle Force Li-Po カットオフシステム 30A 2S/3S対応
 ・Eagle Force Li-Po 1450mAh 7.4V (Storage充電:7.6V程度)
 ・他G&P純正

 室内:自宅弾速測定レンジ13.3℃
 BB弾:SIIS HYDRA BOOST 0.2g 6mm弾 
 HOP:適当
 XCORTECH X3200 MK3

 Max.:88.85m/s Min:87.37m/s 
 Ave.:88.0852(25rd平均)
 Max-Min差:1.48m/s
 
 ※計測の25rdまでに150rdほど打って馴染ませてます。



チューン内容は・・・流速ではないと思います。バレル長いしスプリングガチ上げじゃないし・・・何チューンになるんだろう?w
初めてメカボックスいじって組んでにしては初速のバラつきも少なく上々の結果じゃないでしょうか。それもこれもネットで先輩方の情報が簡単に検索できるようになったのが大きい・・・いい時代です。


完成?とは書いたけど・・・ちょっとギア音が気になるのとグリスのと塗り具合の再点検で一度ばらして組みなおし予定。ついでにスプリングスペーサーで92m/sくらいを狙ってみたいと思います。
もうちょっと初速ほしいけど持ってる今以上のスプリングはMagnusスプリングで多分これは硬すぎるので・・・・・・

最終組み上げ終わったらレンジで試射ですね。
その結果はまたいずれ。  


2017年02月11日 Posted by キセやん  at 00:09Comments(0)SR-16 URX(G&P)

弾速計買ったった

法による規制のあるエアガン。
そんでもって自分の手で内部カスタムすると決めたからにはそれを守る責任と義務があると思ってます。

弾速を決める要素は多数あるけど、調べていくと決め手になるのはスプリングで、参考レートで80とか90とか120とかは表記されてますが。
そのレートが明確な数字がないというかひどく曖昧でメーカーによってマチマチだし、物によっては同じ参考レートでも全然違う結果になることもあるということなので、組んだら測定しないと初速がわからない・・・・・・
初心者なりに調べていくうちにそんなことが分かったのでやっぱりガンスミッシングの真似事をやるなら自分で持っておかないとと考えたわけです。
規制があるのに業界的にそれってどうなの?って感じるところがなくもないですが・・・(;´・ω・)

XCORTECHのX3200 MK3です。


正直ACETECH AC6000と悩みましたがちょっとだけ安かったのでついw
あとちょっと行ってみた何箇所かのフィールドがXCORTECH使ってたので合わせたほうがいいかなっていうのもあります。でも見た目とか、液晶の感じはAC6000のほうが好みだった・・・・・・


早速、自宅用の即席計測システム()を作ってみました。


段ボールをとカメラ用の三脚で作成。球の受けにはアマゾンでカレンダー買った時の箱。
長くて球の受けにちょうどよさそうだったので。奥に使わないバスタオルを丸めて突っ込んで貫通・跳ね返り防止してあります。

早速ちゃんと動作するのか測定してみます。


大丈夫みたい♪
合計150rdくらい撃ってみましたが、一度もTOUT(計測エラー)は出なかったです。

計測結果まとめ(俺的覚え書き)
測定はSIISのHIDRA BOOST 0.20g。なんか安売りしたのを買ったやつだったはず。

【G&P Knight's Armament SR-25 (MK11 Mod0 SWS)】


仕様的には前のユーザー曰く30mチャレンジ仕様で初速は控えめ。ロングメカボではなくマルイのVer.2にワンオフロングノズルとかシステマギアとかって話ですが。インドアフィールドのX3200であまり何も考えずに測ったときは、88m/s前後だったはず。

・サプレッサー付き
 HOPあり(前回40mレンジで 30mでゼロイン合わせた時のHOP)
 83~85m/s(84台が大半)
 HOP解除(HOPダイアルを一番緩めた状態)
 87~89m/s(88台が大半)

ちゃんとフィールドで測ったときと同じ結果になり一安心。
残念ながら画像が上のしかないです・・・(オートOFF機能の時間伸ばしてなくて細かい数字メモったり写真撮る前に記録消えた)

と、ここでどこかのネットでサプレッサーで威力減衰するっていう話を見かけたのを思い出したので外してみました。

・サプレッサーなし
 HOP解除(HOPダイアルを一番緩めた状態)
 89~91m/s

実際上がりましたね。ただ・・・SR-25は見た目上サプレッサーついてたほうが好きですw 
SR-25に手を出す前に、サバゲやってる知り合いから中古は手を出すにはリスクと聞いてましたが。どうしてもSR-25っていうのがあって思い切ったのですが、割とアタリ引けたみたいです。

願わくばスナイパーライフルだし、セミ専用の飛距離・集弾特化にもうちょっといじりたい気もしますけど。(今の仕様だと40mレンジで30mがいいところっぽい)
でも今のバランスを崩すのはいささか怖いですね。ちなみにサイクルは11RPSくらいで結構遅いw


【G&P Knight's Armament SR-16 Carbine SBR SemiCQB (SR-16 URX改)】
そして肝心の自分でいじったSR-16。

インナーバレルが届かねんだ!(゚Д゚)

というわけで、いじった結果は後日・・・(;´・ω・)  


2017年02月08日 Posted by キセやん  at 22:21Comments(0)SR-25(G&P)

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
キセやん
キセやん
昔から興味はあったんですが偶然の縁からいいなと思っていたSR-25を手に入れてこの世界に足を踏み入れました。

エアガン関係はど素人なのでいろんな人の記事を見ながらぼちぼちやっていきます。

・所有電動ガン
G&P SR-25
G&P SR-16 URX