SR-16 初速&HOPなし弾ポロ検証

こんばんはキセやんです。

先日導入した300QDCタイプ フラッシュハイダー。
KACの正式名称は762QDCなんですね。
どうりで実物調べようと思ってもIRONのしか引っかからないと思った。
基本7.62㎜/.300用だということを知りました。300は初期のころの名称? .300も対象になってるから?

そしてデカい・・・
でも公式画像のSR-16でも装着してるのあったしイイよねw
ただ、サイズが556QDCよりデカいんでCQBサプレッサー欲しいけど付かないんですよね。7.62用のサプレッサー出てるという情報あればぜひ教えてください。


さて本題。
先日ひとまず完成したSR-16ですが、念のため追加で弾速と弾ポロ検証してみました。
というのも、今週末ゲームに初めて参加するので、万が一がないように。

バッテリーも満充電で準備して。300発打ってみました。

室内(自宅弾速測定レンジ) 14.9℃
BB弾: CYC 0.20g BIO
XCORTECH X3200 MK3
バッテリー:Eagle Force Li-Po 1450mAh 7.4V (満充電)
セミオート射撃
バッテリーは計測前に1C充電して10分ほど寝かした状態でスタート


うん、安定して同じ性能はでているみたい。
んで、これだけ打つと200発くらいまで徐々に初速が落ちていって少し落ち着くのが見て取れます。

これ、改めて考えてみると原因は電圧。
Li-poの特性も満充電状態からすっと電圧がすこし落ちてから安定する傾向にあるのでこれと連動します。

とはいっても「電圧自体が直接の原因ではない」ようです。
ここから退屈な小難しい話かつ俺の勝手な推測なので読み飛ばしてもらっていいです。

初速は様々な要因で成立してますが、電圧による影響は基本的にないはずで、メインの部分はバネの圧縮と解放の力になります。ギアでピストンを引いて、ギアが抜けたところでバネの力で飛ばすのでフルオートのサイクルが落ちることはあってもセミオートの単発の威力は落ちないと思われます。

ではなぜ電圧の変動とともに初速が変化するかというと。

俺のSR-16はKIT BOYさんのFET スリムstep3を使ってます。このFETで2点バーストにならないぎりぎりでセットして、セミオート時は1発撃つごとにピストンが最も後退した状態で止まるようにしてます。
この時BB弾がノズルがでチャンバーに送り込まれ、パッキンの中に入ったところで待機している状態になっています。なのでトリガーを引くとピストンを開放して空気を送り込むだけで済むので鋭いレスポンスを得ることができるわけです。
【調整して下死点合わせた状態】


この待機状態って、ノズルによってパッキンは塞がれた状態で、かつ弾も射出状態で静止した状態が作られますのでパッキンとノズルの接触面も馴染んだおそらく最高の気密状態になっているはずです。
これが高い初速を安定して出せる秘訣になっていると考えてます。

ただ、このFET。どうやら電圧が下がると発砲後のピストン後退位置が徐々に前にズレていくようです。撃っていく間にわずかですがレスポンスが落ちていきます。

【満充電8.4Vで下死点合わせして7.6Vまで下降した状態。】


この状態になると、弾はチャンバーに送り込まれた状態になる(ノズルはパッキンにちょい刺さり状態)んですが、発砲前にピストンを少し引いて、ノズルを少し押し出しながらの発射になるので初速に影響を与えると推測。

ちなみに通常状態だと、ノズルの前進とピストンの後退から始まり一連の流れで弾を発射する形になるので常に動いた安定しない状態での発砲となるはずです。この後退分、体感できるレベルでレスポンスが落ちます。

【通常状態】


ちなみに、初速は90m/s前半くらいまで落ちました。
そして、電圧が7.6Vの状態でも、FETのボリュームを再調整してピストン後退位置を下死点に合わせると初速が上がります。(←電圧が直接の原因じゃないというのはこれ)

結果、このSR-16のゲーム中の実用初速域は90~93m/sぐらいということになりそうです。
というのも、7.6Vで下死点に合わせてしまうと、満充電の電池を突っ込んだ時に2バーストになってしまうのでセミオート制限のゲームが結構多いようなので使い物にならなくなってしまいます。
かといって、このボリューム調整が結構シビアでゲーム中に調整は無理です。作動させてみないとわからないのもあってゲームとゲームの間にセーフティエリアでの調整も無理ですね。

というわけで、偶然、結果的にですけど狙っていた初速になった感じです。
 ・この計測状態が気密や部品がベストの状態で計測できていること
 ・実測ベースで初速バラつきの少ない状態でカスタムできていること
 ・今後はスプリングのヘタリや気密の低下など落ちる要素しかないこと
などなど鑑みても、この数値で落ち着くと考えてます。
実際もうちょっと落ちてもいいかなくらいに思ってますw

もちろん注意しなければいけないことはあって、BB弾のメーカーやバラつき。今より弾が大きいものが混じると上がる可能性がありますね。
違うメーカーや新しい袋を開けたときは事前チェックしたほうがいいかもしれません。まぁゲーム前にはコンディションチェックで毎回測るとは思いますが。


もうちっと続くんじゃ。

そしてHOPなしで弾ポロ検証。
検証というか、実はこの初速測定してる時に気づきました。

このFETを使うことで、1発撃った後に弾がチャンバーに送り込まれた状態で待機状態になると書きましたが、うちのSR-16のチャンバー、HOP最小にすると突起が全くなくなります。(こういうものなの?)


むしろHOP窓のところが凹になるくらい。
そんでもってφ6.13のルーズバレルです。パッキンから先はスッカスカです。ここに弾が送り込まれて止まるということは・・・インナーバレルの中転がり放題ですよねw

HOPなしにすると弾が固定されず動き回って変なことになるということが分かりました。これってやっぱりちょっとだけホップ掛けないと解決しないよな・・・と

ホップアームの初期位置って調整できましたっけ? 押しゴムの取り付け部に少し嵩増しすればいけるかな?

ということで、一応理屈的に納得できる答えが出た気がするのでスッキリしました。






同じカテゴリー(SR-16 URX(G&P))の記事画像
SR-16 完成!(ほぼ)
フラッシュハイダー
メインスプリング別初速確認
組みなおし
ギャー! やらかしたー!
G&P SR-16俺チューン 初速補足
同じカテゴリー(SR-16 URX(G&P))の記事
 SR-16 完成!(ほぼ) (2017-02-22 01:50)
 フラッシュハイダー (2017-02-19 01:36)
 メインスプリング別初速確認 (2017-02-17 02:00)
 組みなおし (2017-02-12 21:58)
 ギャー! やらかしたー! (2017-02-12 01:34)
 G&P SR-16俺チューン 初速補足 (2017-02-11 14:43)

2017年02月24日 Posted by キセやん  at 01:24 │Comments(1)SR-16 URX(G&P)

この記事へのコメント
はじめまして(^-^)
面白いので一気に全部読んでしまいました。

私はいまG&Pブームの最中です(笑)
Posted by てつろーくんてつろーくん at 2017年03月21日 20:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
キセやん
キセやん
昔から興味はあったんですが偶然の縁からいいなと思っていたSR-25を手に入れてこの世界に足を踏み入れました。

エアガン関係はど素人なのでいろんな人の記事を見ながらぼちぼちやっていきます。

・所有電動ガン
G&P SR-25
G&P SR-16 URX